2020年5月より公式サイトリニューアル!ブックマーク▶︎https://angaku-girls-soccer.com

顧問の独り言 2020年11月号Part2

「新チーム、胎動。」ーTR、BBQ、TRMー

東海を終えてから、もう半月。人数の少なさに愕然としながら、2年1年の奮闘と、練習を再開した3年生に救われながら過ごした半月。ひとまずここまでを振り返りたい。

11月9日からトレーニング再開。3年生には最初の一週間は参加してはいけないと伝えてある。新体制でどこまで取り組めるかが焦点。
第2グランドの雑草取りを連日行うことでチームの原点を思い出した。そういえばここ数年、多目的グランドの使用頻度はかなり高く、第2をおざなりにしていたなぁとも思う。毎日、20分程度のことだが手入れをすると愛着が蘇る。
新チームの課題は…上げ始めるとキリがない笑。だけれど救われたのは、そこに向き合う姿勢が日に日に増してきたこと。そう簡単に劇的な変化とまではいかなくとも、必死さが伝わる取り組みだった。また、一日おきのランメニューは相当ハードだったと思うが、それが苦手な部員含めて必死の思いで乗り越えてくれた。

3年生が抜けた新体制は主将に璃音、副将には愛佳、梓、桃菜の3名を指名。人数の少ない16期生だからこそ、出来ることもある。4人それぞれが個性的だが1年次から考えると時間の経過とともに調和の取れる仲間になってきた。新体制に指名されるということは、残る高校サッカー人生がおよそ一年間ということも意味する。何も恐れず、自分たちらしく成長して欲しい。その姿を見て、後輩たちもまた、成長する。

15日、初めてのBBQ。一週間ぶりに全員集合。3年保護者も大挙して集まってくださり、本当に楽しい1日となった。乾杯の音頭は15期主将のアズー。BBQコンロは計5台。ターフテントにいっぱいの差し入れ食材。火起こしグッズにはチャレンジ多数もなかなか上手くいかず笑。現役部員は前日の練習後に全員で買出しした食材をコンロで焼き続け、最後には若干髪の毛も煙臭そうな表情。焼きそばは…ちょっと買いすぎた笑。思い思いに談笑し、お腹が膨れたら体を動かして、すべて楽しい思い出。これも15期生が先輩や後輩に支えられながら三年間ここまで全力で取り組んできた、一つの成果なのかなと思う。

そしてこの日は、東海地区予選最終日。全国常連の藤枝順心、常葉橘。そして神村学園分校が初出場を決めた。
いろいろなことが頭をよぎる。その上で、東海地区代表の活躍を願う。
私たちも、頑張らなくては。

翌週からは3年生の参加を解禁。連日、複数名で来ては好プレーで、あるいは存在そのもので後輩に刺激を与えてくれる。現役は憧れだけで終わらせるのはあまりにもったいない。それを力に変えていきたい。
メニューに関しては既存のものを少しずつリニューアル。ただ取り組むことだけで満足するのではなく、現状で足りないことに真摯に取り組むことが必要だと誰もが感じている。ただ、それを継続して取り組めるかどうか、が問われている。

23日、新チーム初の練習試合は滋賀から来てくれたFC BASARA甲賀レディース。OGはなが現在お世話になっており、チームとしても何度も遠征先として滋賀にお邪魔してきた間柄。率いる鳥飼さんとはもう何年の付き合いになるだろうか。髪の伸び具合が若干気になったが相変わらずのイケメンぶりは健在であった。
4本のゲームで4つのシステムにチャレンジし、それぞれに学びや発見があった。2本目以降は3年生にも新たなポジションなど出場機会を与えたことで新鮮な取り組みになったと思う。ちなみに新チーム初ゴールは2本目に途中出場したリオン。怪我からの復帰戦で早速素晴らしい存在を示せたことはチームにとっても本人にとっても次につながる。

26日、ディエゴ・マラドーナ氏死去。時折流れるニュースを見ていて、今の体型を見ると無理もないのかなぁと思いつつ、鏡を見てドキッとする。学生時代、人生初の単身貧乏旅行で訪れたアメリカでワールドカップを観た。ロサンゼルスに到着したその足で、大急ぎでスタジアムに向かったことが懐かしい。決勝トーナメントのアルゼンチンvsルーマニア。手に入れたチケットは最前列にほど近く、アルゼンチンサポーターに囲まれた座席だった。当時はJもまだ無い時代。もちろんマラドーナが追放された後とは知っていたがあの熱狂的な雰囲気は今考えても格別の経験だった。
サッカーを知らなくてもマラドーナの名は知っている人が多かっただろう。今で言えばメッシやクリロナのようなものか。こういった悲しい知らせであっても再度脚光を浴びるのは…さすがマラドーナ。心から、合掌。

しばしの試験期間を経て、12月を迎える。地道なトレーニングが新チームには似合う。
派手さはなくともコツコツと。
花が咲かない季節とは、地面に根っこを伸ばす時期でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です