ブックマーク▶︎https://angaku-girls-soccer.com

活動結果2022年度

2022年度(2022.4.~2023.3.)栞奈世代▶︎  世代

公式戦(高体連主催、サッカー協会主催)

総体県予選(5月1日〜6月4日)

全てトーナメント 三回戦からエントリー
三回戦 vs 時習館     7−0  ○ 得点者:葉南乃2、真捺2、彩世2、栞奈

準々決 vs カピタニオ女子 0−2  ● 得点者:
…ベスト8

4強進出が大きな目標である今年度の戦い。その最初の挑戦が今大会であった。新1年の合流を境に活気あるメンバーづくりが始まった。なにより大きい喜びとなったのはこれまでオフィシャルユニホームを着る機会のなかった3年生が力をつけてピッチに立てるようになったこと。諦めなくて本当によかった。とはいえ勝負の世界は相手のあること。準々決勝で立ちはだかってきたカピタニオへ果敢にチャレンジするも流れを掴み損ねて敗北。厳しい船出となったが改めて日常の取り組みに向き合う良い機会とも考えられる大会であった。

愛知県高等学校女子サッカー大会(7月9日〜7月  日)

全てトーナメント 二回戦からエントリー
二回戦 vs 市邨春日井商業合同 8−0 ○ 得点者:真捺2、ーー、伊予、真鈴2、詩織

三回戦 vs 至学館    0(6PK5)0 ○ 得点者:(PK 葉南乃、友菜、すみれ、真捺、彩世、ひなた)

準決勝 vs 聖カピタニオ女子   0−3 ● 得点者:
三決  vs 豊川

第31回全日本高等学校女子サッカー選手権 愛知県予選(10月日〜月日)

 

 

県選手権(兼 皇后杯予選)(7月9日~
二回戦 vs 愛知啓成高校   0(4PK3)0 ○ 得点者:(PK 葉南乃、すみれ、伊予、栞奈)

三回戦 vs 至学館大学    2(2PK4)2 ● 得点者:彩世、ひなた(PK 友菜、栞奈)
…ベスト8
7月下旬に日程がシフトした今年度の皇后杯。県高校夏の大会と連戦になる中、自分達の戦い方を模索する試合運びとなった。支配しながらも決定力に課題を残す内容だった二回戦から考えると、前半のうちにビハインドから追いついた三回戦は短期間での成長を実感できた。しかしその後の追加点を奪いきれない未熟さも露呈。結果、3試合連続のPK戦突入に対し、メンタリティが少し研ぎ澄ませられなかったのかもしれない。流れの中で仕留めきれなかったことは残る夏の取り組みへ、明確な指針となる。また、皇后杯県4強入りは早々に果たさなくてはいけないチャレンジである。

 

県新人戦( 月 日〜)

県U18リーグ(県高校リーグからの移行) 22/23シーズン(6月~2月)・1部

1部 同 朋 豊 川 安 城 啓 成 松 蔭 南 山 勝点 得点 失点 得失 順位
同朋 5-0 16-0 6 2 0 0 21 0 21
豊川 7-0 8-0 23-0 9 3 0 0 38 0 38
安城学園 0-5 0-7 1-1 12-0 4 1 2 1 13 13 0
愛知啓成 0-8 1-1 3-0 4 1 1 1 4 9 -5
松蔭 0-12 0 0 1 0 0 12 -12
南山 0-16 0-23 0-3 0 0 3 0 0 42 -42

 

LigaStudent 東海2022
group A…
group B…

groupB 勝点 得点 失点 得失
フェスティバル、カップ戦
名古屋経済大学女子サッカーフェスティバル(月日〜日)例年一月上旬実施
対戦チーム…

【遠征、合宿】
関東チャレンジ(8月23日~27日)
対戦校…広尾学園小石川高校(東京)、文京学院高校(東京)、流通経済大学(茨城)、
関西チャレンジ(月日〜日)
対戦校…
各種選出

U-18トレセン
梶川真鈴(1年)
坂口蓬(1年)

 

国体選考 最終候補
奥村彩世(2年)
石川真捺(1年)

 

表彰
愛知県高校リーグ1部 優秀選手…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です